スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦時徴用者記録、韓国に提供=賃金未払い17万5千人、総額2億8千万円(時事通信)

 千葉景子法相は26日の閣議後の記者会見で、戦時中に日本企業で働かされ賃金が支払われないまま帰国した朝鮮半島出身の戦時徴用者に関する記録を韓国政府に提供すると発表した。韓国側の求めに応じたもので、法相は「情報提供で韓国内での(徴用者)への支援が円滑に進められると期待している」と述べた。
 法務省は、徴用者を雇っていた企業が各地の法務局に届けていた記録の取りまとめ作業を続けていた。その結果、賃金が未払いだったのは約17万5000人、未払い総額は当時の金額で約2億7800万円に上ったことが分かった。 

【関連ニュース】
キャバクラ労組を設立=女性従業員ら、職場環境の改善要求

高松塚壁画劣化「主原因は人為ミス」と報告書(読売新聞)
英社ワクチンの3割解約=新型インフル、257億円分-厚労省(時事通信)
菅家さんに無罪判決=18年余で名誉回復-足利事件再審・宇都宮地裁(時事通信)
490円の吸水速乾Tシャツ ジーユースポーツから
民主、正副幹事長会議 「小沢-生方」直接対決空振り(産経新聞)
スポンサーサイト

覚せい剤使用容疑で追送検=JAYWALK中村容疑者-「口から飲んだ」・警視庁(時事通信)

 バンド「JAYWALK」のボーカル中村耕一容疑者(59)による覚せい剤所持事件で、警視庁麻布署は23日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で、同容疑者を追送検した。同署によると、容疑を認め、「口から飲んだ」と供述しているという。
 自宅マンションで押収された薬物とみられるものは鑑定の結果、覚せい剤のほか少量の乾燥大麻とコカインと判明。同署は大麻取締法違反(所持)容疑などでも追送検する。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
覚せい剤密輸で邦人逮捕=中国
DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能

<鳩山首相>「郵政」閣僚懇での協議を指示(毎日新聞)
眞子さま・佳子さまが卒業式、校門前で記念撮影(読売新聞)
B型肝炎訴訟、福岡地裁が和解勧告(読売新聞)
<掘り出しニュース>「どうぶつしょうぎ」女流棋士が指導(毎日新聞)
首相動静(3月23日)(時事通信)

副操縦士からアルコール、福岡発全日空便に遅れ(読売新聞)

 全日空の福岡発羽田行き240便(ボーイング777―300型機、乗員乗客502人)で25日午前、副操縦士(61)がフライト前の飲酒検知を受けた際、社内基準を上回るアルコールが検出され、出発が定刻の22分遅れとなった。

 同社の基準では、呼気1リットルあたり0・1ミリ・グラム以上のアルコール分が検出された場合は乗務できないことになっている。フライト約1時間前に行った1回目の飲酒検査では0・15ミリ・グラムを検出。飲酒検知を繰り返した結果、定刻の6分前に行った4回目の検査で基準をクリアしたため、副操縦士が同便を操縦した。

 副操縦士はフライト12時間前まで、社内規定の約1・5倍の量にあたるワイン4杯とビールジョッキ1杯を機長と飲んでいたという。

<救急搬送>60代女性39回受け入れ拒否 09年に発生(毎日新聞)
党と意思疎通図る=鳩山首相(時事通信)
こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け-消費者庁(時事通信)
生方副幹事長は続投=小沢氏、解任方針を撤回-民主(時事通信)
日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾-監視委(時事通信)

シニア世代の男性はスーパー好き?(産経新聞)

 マーケティングサービス事業の「ドゥ・ハウス」(東京都港区)は昨年8月、20~69歳の既婚男性計398人にスーパーの買い物に関するインターネット調査を実施した。

 スーパーに行く頻度について、「週に1回程度」が最多で39.7%。「週に数回」(36.7%)、「月に数回」(10.3%)が続き、「ほぼ毎日」も8.3%いた。

 20~50代は週に1回程度が最も多かったが、60代は「週に数回」が48.4%で半数近くを占めてトップ。ほぼ毎日利用する人も13.7%で、シニア世代はスーパーを頻繁に利用しているようだ。買い物は「平日」が62.9%、「休日」が82.7%だった(複数回答)。

 買い物で重視すること(同)は、「特売や値引き」(73.4%)と「手ごろな価格帯」(72.3%)が、「賞味期限・鮮度」(64.7%)「原産国・産地」(43.1%)を大きく上回った。男性も主婦顔負けに値段を気にしているといえそうだ。

【関連記事】
「家計費の節約になるなら…」 主婦、CO2削減負担どうする?
シニア層を狙え! ターゲット絞り映画宣伝
カリスマ経営者が現役のうちに…スズキ・VW資本提携の深層 
「限界団地」どう再生 練馬区案に住民異論
団塊向け高級化「にっぽん丸」改装 商船三井客船

<小林千代美議員>首相「党で対処必要」(毎日新聞)
<民主東京都連>菅副総理の会長辞任決める(毎日新聞)
和歌山・白浜町長選、同じ顔ぶれが出馬 出直し選10日後にまた告示(産経新聞)
大イチョウの再生祈願=1000人集まり神事-鶴岡八幡宮(時事通信)
パラマウントの介護ベッド事故は製品起因の疑い―消費者庁が注意喚起(医療介護CBニュース)

<詐欺ほう助>東山魁夷贋作の被告に無罪判決 岡山地裁支部(毎日新聞)

 日本画家・東山魁夷らの贋作(がんさく)を製作したとして詐欺ほう助罪に問われた福井市春日、デザイン会社経営、林敏明被告(65)の判決公判が16日、岡山地裁倉敷支部であり、篠原康治裁判官は「『“本物として売らない”との話を信じた』という被告の供述には、一定の合理性がある」と述べ、林被告に無罪(求刑懲役2年)を言い渡した。

 判決などによると、林被告は京都市南区吉祥院御池町、古物商、西尾生一被告(71)=詐欺罪で1審・懲役4年6月=に依頼され、07、08年に東山魁夷の「緑響く」、加山又造の「月朧(つきおぼろ)」など計4点の贋作を製作。真作として岡山県井原市の会社役員に計1億2800万円で販売された。林被告は本物と偽って売却される可能性を認識していたとして、詐欺ほう助罪で起訴されていた。【井上元宏】

【関連ニュース】
北九州・発砲:工藤会会長宅を捜索
融資金詐欺:コシ社長に実刑 東京地裁判決
神奈川歯科大:補助金75%減額 巨額投資巡る詐欺事件で
雑記帳:愛媛県警が着うた 振り込め詐欺「騙されん音頭」
公金横領:詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋

<電波望遠鏡ALMA>日本のアンテナの愛称「いざよい」に(毎日新聞)
<殺人未遂容疑>老人施設で3人刺される 入所者逮捕 福岡(毎日新聞)
ひき逃げ容疑で会社員逮捕=路上に男性横たわり、死亡-警視庁(時事通信)
たばこも要求、コンビニ強盗が現金と3カートン奪う(産経新聞)
<囲碁>飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)

普天間移設 与勝沖に人工島案 政府内で検討(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府が新たな移設先として、米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に人工島を建設する案を検討していることが15日、分かった。ホワイトビーチがある与勝半島の沖合を一部埋め立て、普天間の代替施設として滑走路を建設するのに加え、那覇市にある航空自衛隊那覇基地と米軍那覇港湾施設(那覇軍港)も移設し、新たに作る施設を自衛隊と米軍が共同使用することを想定している。

 平野博文官房長官は同日の記者会見で、与勝案について、民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員と10日に首相官邸で会談した際、「過去にそういう話はあった。いろんなことを検討している」と言及し、検討中であると伝えたことを明らかにした。

 ホワイトビーチ近海では、ホワイトビーチから津堅(つけん)島までの間を埋め立てる構想もあるが、人工島構想はこの案とは別。与勝半島沖合に人工島を建設し、ここに滑走路を設けて普天間飛行場のヘリ部隊を移す、との内容。

 空自は那覇空港を民間と共同使用しており、同空港の過密問題はかねて指摘されてきた。自衛隊が那覇空港から出れば、自衛隊の運用がしやすくなる。さらに那覇空港が完全に民間空港化されると、定期便の増便など観光客の増加が見込まれ、経済活性化につながるというアイデアだ。

 ただ、移設に必要な公有水面の埋め立てには沖縄県の仲井真弘多知事の許可が必要だ。この点ではキャンプ・シュワブ沿岸部(沖縄県名護市)に移設する現行計画と同じ難しさを抱えており、県側との協議は難航する可能性が高い。【仙石恭、横田愛】

【関連ニュース】
鳩山首相:4月の核安保サミット出席の意向
普天間移設:沖縄県議団が防衛相に「県内反対」の意見書
普天間移設:陸上案「完成に10年」政府試算
東富士演習場:使用協定延長協議を再開へ
普天間移設:「理解不能」シュワブ陸上案に沖縄知事

遺体は30代女性=死後切断、7~10日経過-福岡県警(時事通信)
<朝鮮学校無償化>決断先送り 「制裁」「平等」板挟み(毎日新聞)
外相経験者は説明を=密約「けじめ必要」-河野氏(時事通信)
<事業仕分け>公益法人に関する省庁ヒアリング終了 第2弾(毎日新聞)
コンクリ塊下敷き 男性死亡(産経新聞)

内閣支持率、続落30.9%=参院選投票先、民・自並ぶ-時事世論調査(時事通信)

 時事通信社が5~8日に実施した3月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は30.9%となり、前月から4.8ポイント下がった。不支持率は同3.8ポイント増の48.5%。参院選比例代表の投票先でも、民主党は2.9ポイント減の21.1%で、自民の20.5%(同2.5ポイント増)との差が一段と縮まった。
 内閣支持率が政権運営の「危険水域」とされる20%台目前となったのは、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長の「政治とカネ」の問題に続き、小林千代美同党衆院議員をめぐる違法献金事件が表面化し、鳩山政権への批判が高まったことなどが背景にあるとみられる。
 調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。回収率は66.3%だった。
 内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」11.3%が最も多く、「政策が良い」6.9%、「首相を信頼する」6.4%が続いた。不支持の理由は、「リーダーシップがない」26.5%、「期待が持てない」25.9%、「首相を信頼できない」17.2%が上位を占めた。
 「支持政党なし」とした無党派層をみると、内閣支持率は21.9%で、前月から6.2ポイントも減少。不支持は4.1ポイント増の50.0%に達した。
 参院比例の投票先では、民主と自民の差は前回の6.0ポイントから0.6ポイントに縮小した。公明は5.1%で横ばい。みんなの党は3.2%で、共産2.4%、社民党1.7%を抜いた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<自民党>松田岩夫参院議員を除名 離党届は受け付けず(毎日新聞)
<絶縁体>電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
元税務職員の79歳・税理士、3千万脱税容疑(読売新聞)
トキ 2次放鳥の雄と雌が「疑交尾」 繁殖に期待高まる(毎日新聞)
国分寺の男性変死体、別の場所で殺害か(読売新聞)

<日米密約>元駐米大使の東郷氏 大量のメモ決め手に(毎日新聞)

 60年安保改定や沖縄への核再持ち込みを巡る三つの「密約」の交渉過程が9日に公表された外交文書で明らかになったのは、当時の担当者だった東郷文彦元駐米大使が残した大量の記録によるところが大きい。東郷氏は安保改定交渉時に外務省安全保障課長、69年の沖縄返還交渉時はアメリカ局長を務めた。

 68年、東郷氏は核兵器搭載艦船の寄港を認めた密約の経緯をメモに記した。メモは政府内の共通認識として外務省幹部に引き継がれ、歴代首相、外相への説明に使われた。沖縄返還を巡り、69年には日米首脳会談直前の佐藤栄作元首相と外務省幹部の打ち合わせ記録なども残した。

 東郷氏は、義父が太平洋戦争開戦時の外相でA級戦犯として有罪判決を受けた茂徳氏、次男が元オランダ大使の和彦氏という外交官一家。和彦氏は条約局長当時の99年、父文彦氏の文書を執務室で見つけたといい、昨年、月刊誌の文芸春秋に「個人的に感慨なしに読めなかった」と記していた。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:長期の不明「遺憾」 公開ルール検討へ…外相
日米密約:再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成
日米密約:無利子預金問題は10日以降発表…財務相
日米密約:外務省委が報告書 核持ち込みは「暗黙の合意」
元駐日米大使補佐官:「岩国で核保管」66年に3カ月以上

千葉大生殺害、男を追起訴=別の強盗致傷事件で6度目逮捕へ(時事通信)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(1)「薬があるのに使えない」(産経新聞)
参院選で他党と選挙協力せず…公明・山口代表(読売新聞)
倫理委承認と偽り論文、東大教授に停職1か月(読売新聞)
三井情報、最大10万件の個人情報紛失(時事通信)

【イチから分かる】日医会長選 政権との距離感で混沌(産経新聞)

 全国の医師約17万人が加入する日本医師会(日医)の会長選が4月1日に行われる。自民党政権時代には巨額の政治献金を背景に診療報酬改定などで大きな影響力を行使してきた日医だが、政権交代後は一転して現政権から冷遇されており、現職、新人合わせて3人が争う会長選も「民主党との距離感」が最大の争点だ。(桑原雄尚)

 日医会長選は、今のところ現職の唐沢祥人氏(67)に茨城県医師会長の原中勝征氏(69)、京都府医師会長の森洋一氏(62)の新人2人が挑む三つどもえの構図。

 唐沢氏は昨年9月に3選へ向け出馬表明したが、4年前の会長選で自民党との関係強化を訴え当選したことが裏目に出て現政権とはパイプを築けないでいる。診療報酬を決める中央社会保険医療協議会(中医協)からは日医執行部の委員が全員外された。夏の参院選に向け自民党単独支持は撤回したが、現職の組織内候補の西島英利参院議員を自民党から擁立する方針は継続している影響が大きい。

 そこに名乗りを上げたのが原中氏。昨年の衆院選では後期高齢者医療制度廃止を求めて民主党支持を打ち出し、小沢一郎幹事長とも親しい。昨年10月の出馬会見では民主党との太いパイプをアピールし、今年1月には西島氏の擁立見直しも明言した。ただ、会員からは「民主党との関係は評価するが、日医全体を動かす能力があるのか疑問」(地方医師会幹部)と不安の声も漏れる。民主党側も「きちんと会員を仕切れる人が会長でないと困る」(中堅議員)との見方が有力だ。

 日医、民主双方の声を受け、2月に森氏が「政治に左右されない日医を目指す」と出馬を表明した。森氏は日医役員の一人だが、中医協委員に京都府医師会幹部を送り込むなど民主党とも良好な関係を築く。森陣営の幹部は「民主党と上手に付き合いながら、広く会員の支持を得られるのは森氏だけ」と強調する。

 だが、こうしたシナリオもここに来て崩れ始めた。2月14日の大阪府医師会長選で、原中氏を支持する元日医常任理事の伯井俊明氏が森氏の有力後援者でもある現職の酒井国男会長を破るなど、地方医師会で原中氏を支持する動きが広がり始めたからだ。3候補とも決め手を欠く中、水面下では唐沢、森両陣営の間で合従連衡の動きも出てきており、民主党サイドは様子見を続けざるを得なくなっている。

 ■かつては集票力誇示 弱まる政治的影響力

 日本医師会は医学教育の向上や医学と関連科学との総合進歩などを目的とする社団法人で、大正5(1916)年に「日本の細菌学の父」といわれる北里柴三郎氏らによって設立された。シンクタンクの日医総研などを通じて医療政策の提言や学術活動を行う一方、政府へ大きな影響力を行使してきた。医療制度や医師の収入となる診療報酬は政府が決定するからだ。

 昭和32年から57年までの25年間会長を務めた故武見太郎氏は“ケンカ太郎”と呼ばれ、意に沿わない政策にはストライキを敢行。52年の参院選全国区では自民党公認の組織内候補が約130万票を獲得するなど集票力も誇示し、日医に有利な政策を実現させてきた。

 だが、国の財政悪化から医療費が抑制されるのに合わせて日医の影響力は徐々に低下。小泉政権では平成14年に医師の技術料にあたる診療報酬の本体部分が史上初めて引き下げられ、“反小泉”を掲げる植松治雄氏が会長に就任したものの、診療報酬はさらに減らされた。

 小泉政権との関係修復を訴えた唐沢氏が会長となってから診療報酬はプラスに転じたが、政権交代で改めて政治との関係が問われる状況になっている。

【関連記事】
外来の窓口負担に細かな加算も チェック必要
大阪府医師会長に“民主寄り”伯井氏初当選 日医会長選に影響
民主党政権初の診療報酬改定、病院重視の政務三役に医系議員が巻き返し
日医と民主党のバトル再開へ 開業医の再診料下げめぐり
診療報酬改定 業界団体悲喜こもごも、参院選へ影響も
20年後、日本はありますか?

裁判員「車で片道5時間」=選任前日から判決まで連泊-旭川地裁(時事通信)
川崎病のモデルマウス作製法、大阪の医師が確立 治療法改善に期待(産経新聞)
「大型連休分散」11年にスタート? 渋滞緩和で「もっと旅行して!」(J-CASTニュース)
2遺体に銃撃の跡?…伊勢崎4人死亡火災(読売新聞)
明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省(医療介護CBニュース)

岡田外相が北海道訪問 政権発足半年、北方領土進展なし(産経新聞)

 岡田克也外相は6日、札幌市内で講演し、ロシアとの北方領土をめぐる交渉について、「政治と経済を車の両輪として(交渉を)動かしていく」と強調した。ただ、鳩山由紀夫首相は昨年9月の政権発足にあたって、半年以内に「(領土)問題解決に道筋をつける」としたものの、具体的な進展がないままに過ぎようとしている。

 外相はロシアが日本の協力を期待する極東、東シベリアでの天然資源開発などの産業誘致を挙げ、「車は片方だけでは動かない。領土問題を中心とした政治を含めて両輪で動かしていこうと(ロシア側に)提案している」と述べた。

 講演後の記者会見では、「鳩山首相、メドベージェフ大統領、プーチン首相がいるこの時期に何とか領土交渉を前進させないといけない」と訴えた。

 昨年9月と11月に行われた2度の日露首脳会談で、メドベージェフ大統領は領土交渉に関し、型にはまらない「独創的アプローチ」に言及した。しかし、昨年末に訪露した岡田外相に対し、ラブロフ外相は国際法上根拠のない北方4島占有について「第2次世界大戦の結果、国際法で確定している」と述べ、「首脳会談で示した大統領の姿勢とは違う」とする岡田外相との間で激論になった。

 1月末には北方領土の国後島沖で、北海道の漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターから銃撃を受ける事件が発生するなど双方の対立は深まっており、局面打開の展望はみえない。

【関連記事】
領海外でも侵犯船への武器使用を容認 露首相が政令に署名
区域外操業容疑で追送検 国後島沖銃撃の2船長
北方領土「訴え続ければ四島返還」 前原国交相、功労者表彰式で
銃撃された漁船船長の逮捕を歓迎 ロシア外務省
【佐藤優の地球を斬る】銃撃許した外交の不作為
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

宝塚のブランド買い取り店に強盗、150万奪う(読売新聞)
【同盟弱体化】第1部 美辞麗句の陰で(3)ぶれる日本は「蚊帳の外」(産経新聞)
JR東海道線 尼崎駅構内で信号故障 一部で運転見合わせ(毎日新聞)
看護職の教育内容でWGが経過報告―厚労省(医療介護CBニュース)
シベリア鉄道の車窓から ネットで楽しむ旅(産経新聞)

津波警報、注意報すべて解除=25時間ぶり-気象庁(時事通信)

 チリで発生した大地震に伴う津波について、気象庁は1日午前3時6分、高知県に出していた津波警報を注意報に切り替えた。同県を含め、太平洋沿岸を中心に広い範囲で出されていた津波注意報も同10時15分、すべて解除した。これにより、28日午前に大津波警報などが出されて以来、警報は約17時間半ぶりに、注意報は約25時間ぶりにすべて解除された。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記~被災地の1週間~
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震~日本にも津波~
〔用語解説〕「大津波警報」
津波警報をすべて解除=17時間半ぶり、注意報は一部継続

コンビニに車突っ込む 男を酒気帯び運転容疑で逮捕 栃木県警(産経新聞)
<松田参院議員>自民に離党届、元秘書が民主で出馬(毎日新聞)
<参院予算委>3閣僚遅刻 平野官房長官「連絡ミス」と釈明(毎日新聞)
82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
外国人が住む町 歩み寄りなく遠い「共生」(産経新聞)

全国の書店を横断的に検索 「本屋の歩き方」4月1日に開設(産経新聞)

 全国各地の書店を、さまざまな条件で検索できる初めてのサイト「本屋の歩き方」が4月1日、開設される。これまでも大手書店が個別に開設するサイトはあったが、地図や条件で横断的に探せるサイトの開設は初めて。国民読書年の今年、本探しや本屋巡りの強力なサポーターになってくれそうだ。

 「本屋の歩き方」を開設するのは、凸版印刷(東京都千代田区)。本屋をエンジョイするという喜びを表す造語「ほんじょび」をキーワードに、書店での読者と本との出合いづくりを進めたい考えだ。

 サイトの目玉となる「本屋ナビ」は、書店の特徴や、例えば「料理」「鉄道」など欲しい本のキーワードを入力すると、そうした本に強い書店一覧にヒット。そこからユーザーが興味の沸く書店名をクリックすると、書式を統一した各店舗ページに飛び、住所や地図、電話番号、店舗写真などの基本情報に加え、条件検索に連動した店舗の特徴や、近々のイベント情報などが見られる仕組みだ。

 さらに地図情報サイト「マピオン」と連動した地図検索や、「駐車場あり」「文具あり」などのサービス検索、住所や駅名、店舗名での検索も可能。携帯電話での同サイト運営も始める方針だ。

 凸版は国内約360社2万店が参加し、月間6千万ページビューを稼ぐ電子チラシのトップサイト「Shufoo!(シュフー)」運営の実績もあり、そのノウハウを書店にも生かしたい考え。書店情報は「シュフー」にもアップされる。

 同社の大湊満常務は「もう一度、本の面白さと書店の魅力を知る窓口になればいい。ウェブから実際の店舗への誘導を、出版界でもしたい」と話しており、全国の書店や出版社、取次各社などに協力や情報提供を呼びかけているという。

 サイトは3月1日にプレオープンし、4月から「本屋ナビ」のほか、個性的な書店を紹介する「発見!あなたの街の○○な本屋」や、読者や書店員などが人生におけるベスト本を紹介する「1000人に聞いたオススメ本」、本にまつわるユーザー参加型ツイッター「ほんじょびったー」などが順次、開設予定。「本屋の歩き方」は(http://hon-aru.jp)。(飯塚友子)

【関連記事】
「黒船襲来」膨らむ米電子書籍市場の熱狂
「人民の敵」人気沸騰? 中国で蒋介石ブームの謎
理想でいっぱい 首相の本棚
返品なき書店へ 丸善などのCHIグループ設立
読む+遊ぶ+使う=売れる ムック本「付録」進化中 たいやき・遺言書…

児童ポルノ流出 開業医逮捕(産経新聞)
ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
JR京浜東北線、人身事故で全線運転見合わせ(読売新聞)
ハイハイもできまっせ!? 阪大チームが赤ちゃん型ロボット開発(産経新聞)
<群馬たまゆら火災>理事長、施設長を起訴 業過致死罪(毎日新聞)

現行案断念「伝えてない」=普天間、鳩山首相が強調(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日午後の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、同県名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画を断念したと政府が米側に伝えたとする一部報道について「政府として、辺野古を断念したと米国側に打診したことはない」と否定した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真ニュース〕普天間検討委、8日開催=政府
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
岡田外し「気にしてない」=普天間、対米交渉に意欲
普天間検討委、8日開催=政府案は複数の場合も

<JR京浜東北線>品川駅で男性転落し死亡 3万人に影響(毎日新聞)
小林議員説明なし、民主党内に困惑広がる(読売新聞)
「教育費、社会で負担を」=高校無償化法案が審議入り-衆院(時事通信)
公認会計士の深刻就職難 合格者700人あぶれる(J-CASTニュース)
エレベーター強盗、女性殴り現金奪う 大阪・北区のマンション(産経新聞)

体長7センチ!度胸試し? 90種を一堂に「ゴキブリ展」(産経新聞)

 嫌われものの代表格、ゴキブリが主役の企画展が、兵庫県伊丹市昆陽池の市昆虫館で開かれている。世界各地に生息する約20種の生きたゴキブリと約70種の標本、化石を紹介。“害虫”の汚名返上にひと役買っている。

 殺虫剤メーカーや神戸大農学部などが協力。体長5センチの国内最大のヤエヤママダラゴキブリ(沖縄・石垣島)やペットにもなる体長7センチのマダガスカルオオゴキブリ(マダガスカル島)などを飼育ケースで展示している。

 約30グラムと世界一重いヨロイモグラゴキブリ(オーストラリア)やダンゴムシのように丸くなるヒメマルゴキブリ(沖縄)などは標本で紹介。朽ち木の中で生息するヤエヤマオオゴキブリ(石垣島)は実際に手にとって観察できる。

 見学した児童の「悪いやつ扱いされてかわいそう」といった感想も会場に張り出されている。4月5日まで、火曜休館。問い合わせは同館((電)072・785・3582)。

【関連記事】
なぜ真冬に刺す蚊がいるの? 産卵期の雌だけじゃ…
「気持ち悪い」固定観念崩す 児童書『虫はごちそう!』
「ゴキブリや蚊が寄ってこない」着信音 ドワンゴが配信
【橋下日記】(4日)「尊敬する虫はゴキブリ」
害虫ウンカに吸われると…イネの抵抗力アップ

<合併>神戸新聞とデイリースポーツが3月に(毎日新聞)
「幹事長として選挙に勝つ」=民主・小沢氏、続投の意向強調(時事通信)
陛下の「公的行為」ルール設けず…政府見解判明(読売新聞)
雑記帳 ギネス挑戦、巨大モザイク画…京都(毎日新聞)
青山裕治

釧路市役所、パソコンソフト18本を違法使用(読売新聞)

 北海道釧路市は23日、同市役所が業務用に使っていたパソコンソフト18本で、ライセンス(許可)の違法使用が確認されたと発表した。

 同市が業務用パソコン約1700台の有料ソフト約2500件を調べたところ、マイクロソフト社製の「パワーポイント」など3種類のソフトで違法使用が見つかった。パソコンの配置を変更する際の手続きミスで、同一のライセンスを2台で使うなどしていたことが原因。ライセンス料を免れる目的で違法にコピーした事例はなかったという。ライセンス料約40万円はすでに支払った。

 市情報システム課は、「不適切だった。今後は管理を徹底したい」としている。

仁別森林鉄道
<iPS細胞>遺伝子やウイルス使わずに作成 米大が成功(毎日新聞)
採点ミスや友人まかせ…埼玉県立大講師を懲戒免(読売新聞)
ボルト締め忘れ→新幹線停止、処分と防止策(読売新聞)
政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ(時事通信)

ジャンプ葛西の地元・下川町、“五輪皆勤賞”表彰へ(スポーツ報知)

 バンクーバー五輪のスキージャンプ個人ラージヒルで、ベテランの葛西紀明(37)が8位入賞を果たした。今回の好成績と、冬季五輪の日本人最多となる6大会連続出場の偉業に対し、葛西の出身地の北海道・下川町では“五輪皆勤賞”のような形で表彰することを検討。まだ団体戦を残すが、安斎保町長(72)は「7回目の出場を目指してほしい」と2014年ソチ五輪に向け、早くもエールを送っていた。

 下川町の福祉センターに、この日早朝から町長と町民約100人が集合し、地元出身の葛西と伊東大貴(24)に大声援を送った。午前3時半からテレビの前で待っていたという安斎町長は「1回目のジャンプのときは、顔を見てたら緊張してたようで、ちょっと残念。でも、2回目は素晴らしいジャンプだった。よく頑張ってくれました」と声を弾ませた。

 葛西は6大会連続出場中。冬季五輪の日本人最多で、世界でも最多タイ記録となる。この記録と今回の活躍に対し、「ジャンプという体力のいる種目で6度も出続け、成績を出すのはすごいこと。関係各所にも、いろいろうかがうが、顕彰はしたいと思う」と“五輪皆勤賞”のような形の栄誉表彰を考えていることを明かした。既に葛西は町の栄誉賞を受賞済みで、異例の再受賞となるが「努力をされているから、賞は何度差し上げてもいい」と町長は乗り気だ。

 人口3765人の小さい町だが、葛西と日本選手団主将の岡部孝信、伊東大貴と、今回の代表3人が生まれた。複数代表を送り出した市町村の中では、人口当たりの“代表率”は最大。大小ジャンプ台を4基備え、子供の頃から競技に親しむ環境が整う。近年は、道外から下川商高に“ジャンプ留学”する生徒も増えた。「葛西選手は町の誇りですよ。本人の意向もありますが、7度目の五輪も目指してほしい」。町長はジャンプのメッカのシンボル選手として、葛西の競技続行を期待している。

 23日(現地時間22日)の団体戦は、ここまで出番のない岡部が出場する可能性もある。今度こそメダルの期待を懸け、下川町の熱気は盛り上がる一方だ。

 ◆八木弘和氏が現役に太鼓判 〇…80年レークプラシッド五輪銀メダリストで、ジャンプ日本代表のコーチも務めた八木弘和氏(現・フィットネスクラブ「アクアエイト」代表)は、葛西について「筋力の衰えを本人が感じず、モチベーションさえ下がらなければ現役を続けられる」と話した。ジャンプ競技は「持久力は必要ではないから、年齢はあまり関係ない。体重コントロールも経験がものをいう」と現役続行に太鼓判を押していた。

 【関連記事】
スキー連盟会長が私見「団体は岡部に飛ばせたい」…ジャンプ
ジャンプ陣の地元ではV字フランスパンがヒット
主将・岡部ラージヒルも外れた「仕方ない」…ジャンプ
岡部がラージヒルも外れる…ジャンプ
バンクーバー五輪 スキージャンプ ラージヒル を調べる

<大津波・津波警報>北海道根室市で30センチの津波観測(毎日新聞)
車上荒らしに警察手帳盗まれる 千葉県警巡査長(産経新聞)
<裁判員裁判>鳥取強殺公判 裁判員が被告の妻に質問(毎日新聞)
<ヒブワクチン>「全員に」未接種で子亡くした両親訴え(毎日新聞)
調理実習中に小5女児やけど=ガスコンロから引火-大阪(時事通信)
プロフィール

やぶきめぐみさん

Author:やぶきめぐみさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。